おはようございます、熊木幸奈です。

今日から9月。
そういえば、今日は防災の日なんですよね。

この夏は、大阪の方で大きな地震もあり、
その後、西日本の豪雨。

天災はいつ起きるかわからない。

備えをある程度、しておく必要があると思い、
私も見直しました。


非常用リュックの中を見直し、
部屋の中も危険箇所がないかも調べました。

非常用リュックは特別に用意せず、
私は普段、登山に行く時のリュックを使用して準備しています。
登山の時の非常食にも使える物で普段でも使えるものにしています。

少量で栄養価が高いものと思って選んでいるものは、
ナッツ類と黒糖。
500nlの水2本のペットボトル。
FullSizeRender

水は本当はもう少し多く持って行きたいところですが、リュックに入りません。
玄関脇の洗面所に2リットルのペットボトルのケース(普段使い用)を常に置いてあるので、
持っていけるなら1本でも持って。

非常食をあれこれ揃えだすとキリがありません。
リュックに入れてすぐ避難できなければ意味がないので。

だとすると、
非常用と備蓄用は別に分けて考えておいた方がいいかと思ってます。

揺れがおさまって、戻れるようであれば、備蓄用を取りに帰ります。

非常用バックには、
救援物資が来るまで最低三日間の食料と水があれば良いわけですよ。

正直、3日間なら断食出来るのでね。
かさばる食料は入れずに、水だけでもいいかもしれませんよ。

意外とナッツ類の賞味期限が短いので、
リュックに見えるように賞味期限を記載しておくといいかと思ってます^^
その前におやつにして無駄がないように。
IMG_6895

そして、
家の中の危険箇所の見直しとは、
一つは高いところの物の落下による怪我など。

「物が在り過ぎて死ぬことはない」
「物に殺される」という話は、
大げさではないです。

物の落下により、避難通路が塞がれ、逃げ遅れる。
落ちてきた物にぶつかる。

遅れたり、うちどころによっては、命取りにもなりかねません。

非常に悔やまれ悲しいですが、実際にそのようになってしまったケースも報道されていました、、、。


なので、普段から使わないものは捨てて、
高く物を積み上げないなど、
家の中をすっきりさせておくことにより、
地震対策にもなりますね。


そして、うちの場合ですが
海が近いので、やはり一番は津波対策です。

タイムラグがある場合もあるようなので、
素早く避難する行動出来るように、
必要最低限の物は一箇所に備えておく必要があります。
IMG_6891
なので、あれこれ迷っている時間はないので、
すぐ持ち出せるように、ドアの裏にリュックを引っ掛けてあります。

一度、夫とシュミレーションをしたことがあります。

近くの高台までうちのミニカーで行って数分でしたが、
けど、車は使えない可能性が高いですもんね^^;
今度は走ってどのくらいかかるか一度試してみようと思います。

自然災害は来ないにこしたことはないですが、
備えあれば、不要な不安も取り除けますしね。

意識が薄らがないためにも定期的な見直しは必要ですね。

ではまた。
熊木幸奈


私がご自宅へ訪問し、一緒に部屋のお片づけをお手伝い致します
おかげさまで大好評いただいております
『お片づけ出張サービス』 


 <「片づけ・整理整頓・掃除」の関連記事 >
ハンガーの色を統一してみる(クローゼットの見直し)

物に支配された生き方をやめるには

キッチンの整理整頓 

大掃除が大詰め

物を活かし切る

神社感のある家

快適に暮らすために見直しを

掃除しないと神様が来れない

掃除のポイントのヒント♪

感じたくない感情がたまっていると物が捨てられない


生まれた目的を果たすサポートとなる一悟術ヒーリング
 

8分で心の囚われを強制的に解消する日本古来からの流れを汲む一悟術ヒーリング
一度試したい方はこちらから   ご予約ください。  
お試しヒーリング体験も受付中。  

ニコニコ   Salon Access : 神奈川県三浦市 京急線 三浦海岸駅より徒歩8分(海近く)