くまきんシンプルライフ

自分を満たすライフStyle。一悟術ヒーリングのおかげで、余計なものが削ぎ落とされてシンプルとなり、好きな仕事・好きな人・好きな場所(三浦海岸)で、心豊かで丁寧な暮らしを実践中。

タグ:感情のエネルギー

2017-08-22-05-41-14
こんばんは、三浦海岸の一悟術ヒーラー熊木幸奈です。

ちょっと前の話になりますが、悲しい出来事がありました。

春頃に、イソヒヨドリという鳥がうちの屋根の間に巣を作りました。

その話はブログでも書きました。

その後、ショッキングな事態となったのです。

その日、いつものようにイソヒヨドリの親鳥が
羽化したばかりの雛に餌を運んでいる状況でした。

巣の中や雛の様子はこちらから全く見れないのですが、
親鳥が飛んでくると勢いよくピヨピヨピヨという可愛い鳴き声がしたので、
それがわかったのです。

その日もせっせと雛に餌を運んでいる様子。

私はその日も家で仕事をしているので、
なんとなく気になってしまう存在になっていたのでした。


すると、その日の午後、親鳥の様子がおかしいのです。

奇声をあげているかのような鳴き声。

キーキーキーーーーーッ!!!!!
キーキーキーーーーーッ!!!!!

何度もずっと鳴いています。

只事ではないと直ぐに分かりました。

窓から外を見ると、
四方八方を取り囲み、5羽ほどのトンビが巣を狙っているのです。

私は思わず、窓を開けて、声をあげて追い払いました。

その時だけはトンビは逃げるものの、
すぐにまた巣の雛を狙ってくるのです。

海岸にはトンビが多く、レジャー客のお弁当までかっさらってしまうので、
なかなか頭の良い、結構、怖い鳥です。

大きな体で、鍵形のくちばし、鋭い爪、
小さな鳥は、まず太刀打ちできるはずもありません。
しかも、巣の中の雛はなす術もない状況です。

太陽光と屋根の隙間に巣があるので、体の大きなトンビは入れないようですが、
何とか、うまく入ろうとしているようでした。

そんなタイミングで、
私と夫は来客やら仕事やらをこなしていましたが、
ちょうど、来客が去った際に、

なんと雛をかっさらっていくのを窓越しに見てしまうのです。

思わず、キャーーーーーー!!!!!

と叫んでしまいます。

すると、トンビはすぐさま、その雛を落として飛び去ってしまうのです。

雛の無残な姿が庭に横たわっています。
ですが、もう見ることもできず、
夫と二人でショックで大泣きしてしまいました。

結局、その日はトンビはそれを取りには来ませんでした。

イソヒヨドリの親鳥は何度も必死に語りかけている様子で、
いつもと違った声で鳴いているのです。

それが夕方まで続き、そして翌朝早朝からも聞こえ始めていました。
朝には餌まで運んできていました。
それが何とも切なく、見てて居たたまれませんでした。

このままトンビがさらっていかなければ、
もう命が尽きた雛にとって、
この小さな命が次に繋がらず、
救われないと思ってしまいました。

なので、もしトンビがさらっていかないなら、
庭に埋めてあげる事も考えました。
が、正直、夫も私もそれを見ることすらできません。
なので仕方なく、市役所に電話をし、処分業者を依頼することにしました。

その業者が来る前に、
トンビや猫がさらっていってくれれば一番いいのですが、
一体いつになるかわからない状況で、
私たちも気になっているのも苦しいのでそういう判断をしました。

イソヒヨドリの親は、結局、お昼ぐらいになってやっと悟ったようで、
その後は全く姿を見せなくなりました。

そして、午後2時過ぎに処分してくれる方が来てくれました。

業者:「どこですか。」

私:「ちょっと私は見ることができないので、その裏の辺りに...」と遠巻きに案内すると、

業者:「え??どこにもいないですよ!今さっき、ちょうどトンビが飛んできてたから、持ち去ったのかもしれませんね、それならよかった。」

ということで、ギリギリセーフ。
人間が処分せずに済む状況となり、
それなら良かったとホッとしました。


トンビを悪者にしたけど、
もしかしたら、トンビも子育てで餌を持ち帰らなければならなかったのかもしれません。
そして、自分が生きていくには仕方がないことです。

なので、これも自然の摂理として受け入れるしかないのでしょう。

けど、巣を作ろうと何度も小枝を運んでいる様子、
そして、雛がかえっている餌を運んでいる様子。
雛の鳴き声も聞こえるようになるもんだから、
今後がどうなるのか楽しみになって愛着が湧いてしまったところで、
こんな事態になるとは思いもよらず、
なんとも仕方ないと思いつつも、悲しいことでした。


ここで、変にポジティブに「仕方なかった」とすぐに切り替えようとしない方がいいのを
改めて学びました。
悲しく感じた事実があります。
なので、大げさかもしれなくても思いっきり泣いた方がいいのですよね。

そうして、悲しみのエネルギーがある程度、感じ尽くされて抜けていったら、
自然とポジティブな発想が出てきます。

「あぁ、そうは言ってもトンビだって、生きるために仕方なかったな」とか、
「弱肉強食の自然の摂理に則った状態だし、本当仕方ない。とか、、、
こんな感じで自然と少しずつ現状を受け入れるような状況になってくるのです。

この時間は、ある程度、必要だと思いました。


もしかしたら、イソヒヨドリの親もその日の夕方まで、翌朝早朝まで、
泣き続けて、悲しみを感じ尽くしていたのかもしれません。
そして、昼頃になって、やっと悲しみを感じ切って、悟って、
切り替えることができたのかもしれません。


それにしても、こんなドラマの一部始終を私は見てしまって、
色々な感情を体験しました。
見させられたようにも思います。

今後もきっと、生きていたら様々な事が起きるだろうけど、
その時その時で、自分の中から湧き起こってくる感情をしっかり味わい尽くせば、
未来に持ち越さず(潜在下に溜まらず)、
必要以上に感情に翻弄されて辛過ぎることも減るのかもしれません。

そして、
生きることは、様々な感情の体験をすることなのかもしれません。
なるべくなら、悲しみや怒りなどの感情は感じたくはないけど。

ただ、それを含めて彩のある豊かな人生なのかもしれませんね。

ではまた。
熊木幸奈

感情カウンセリング・トレーニングコース
感情に翻弄されず感情と仲良くするために身につけるトレーニング法をお伝えしています。
※一悟術ヒーリング(基本解消)受け終えた方のみのご提供

心のシンプル化で、なりたい自分に生まれ変わる”一悟術ヒーリング” 
8分で心の囚われを強制的に解消する日本古来からの流れを汲む一悟術ヒーリング
一度試したい方はこちらから   ご予約ください。  
お試しヒーリング体験も受付中。  

ニコニコ   Salon Access : 神奈川県三浦市 京急線 三浦海岸駅より徒歩8分(海近く)

2017-01-17-11-49-31

こんにちは、
三浦海岸の一悟術ヒーラー熊木幸奈です。 

心と言われる領域は見えないですが、
肉体同様、確実に存在しているのは 知覚できると思います。

サン・テクジュペリ著「星の王子さま」の言葉にも

「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。
かんじんなものは目には見えないんだよ」

という一節があります。

見えないものに本質があったりするわけですね^^

また、
見えている現実から、見えていない部分を映し出していることって多いのです。

だから、
前回書いたブログ「感じたくない感情がたまっていると物が捨てられない」で、
片づけられない現実を作っている原因は、
溜まった過去の感情のエネルギーによって、
その現実をつくっている。

と書いたのです。


「感情」のエネルギーは見えないものですが、
その感情の性質の一つについて、書いてみます。


感情って、自分の潜在領域に溜めておけるんですよ。

その時、自分の出てきている感情に気づけなかったり、
それを感じ切れなかったりすると、
溜まっていく性質がある
のです。

通常はいちいち感じて嫌な感情が出てくるとしんどいので、
感じないように蓋押したりというすべを
生きて行く上で身につけてしまいます。
(蓋することを抑圧するとか言います)
なので、蓋をして溜めてしまっているわけです。

ですが、一定以上の溜まってしまうと
蓋閉められなくなります。

そして、どうなるか。

わかりますよね?!

そう、外に出てくるのです。
つまり、表面化する、現象化するのです。

実は、
外に出るような事象(問題)を
無意識に自分で引き寄せて、
感情が出るようにしていたりします。

溜めていた感情は吐き出すために、
(無意識で)
例えば、
喧嘩したり、
八つ当たりしたり、
言い過ぎたり、
突発的な行動に出たり、
大泣きしたり、
怒鳴ったり、、、
など様々な現象を引き起こします。


言動や行動としてあまり外に出せずにいると、
深刻化し、
肉体の不具合(病気的な症状や病気)や精神的に無気力になるような(鬱状態など)
として表に出てくることもあります。


ですが、深刻化する前に、
感情を出せる機会があれば、
心・潜在情報に蓄積していた感情のエネルギーが
それらの現象と一緒に出て行ってくれれば、よいのですが。

実際に、心が軽くなる感覚がある人もいるし、
心と体も連動しているので、体も軽くなった感覚を得る人もいます。

ただ、
意図しない問題を現象化させて、 
感情のエネルギーを外に撒き散らすのは、
自分も辛いけど、周りの迷惑になるだけでなく、
人間関係が崩れて、ひどい場合は仕事がダメになったり、、、等と
取り返しのつかない現実を引き起こすことになりかねないので、
なるべく、避けたいですよね^^;


なので、
何か、しでかして感情を出す現象を起こさない為にも、

自分が今、何を感じているのか。

しっかりと自分の感情を感じる癖をつけて、
不要に未消化の感情を溜めないようにする必要があります。



今、自分は怖がっている、不安を感じている、寂しがっている、悲しんでいる、、、などの
自分の感情をしっかり感じる。
そして、できればその感情を感じ切る。

感じ切ることによって、
その感情のエネルギーは成仏してくれて、
潜在意識領域に溜まらないのです。

これって、生きていく上で、
最重要だと思っています。


感情を感じないように蓋押して来た修行系の人たちは特に必要です。

私も修行系の一人なので、
今生、正しく取り扱えるように少しずつなってきましたが、
まだまだトレーニングが必要です^^

でも、だいぶ、一悟術ヒーリング感情トレーニングのおかげで、
心がすっきりし、取り扱いが楽になってはきました^^

感情って、自分を知る手がかりとなるので、
本当はとっても有難い存在なんですよね。

ではまた。
熊木幸奈
 

 8分で強制的に心を片づける日本古来からの流れを汲む
一悟術ヒーリングを一度試したい方はこちらからご予約ください。

虹熊木幸奈セッション傾向
ニコニコSalon Access : 神奈川県三浦市 京急線 三浦海岸駅より徒歩8分(海近く)   

↑このページのトップヘ